日経225オプションの定番アイアンコンドル検証

日経オプション

北風です。

 

オプションをやっている人には定番の手法の1つ「アイアンコンドル」ですが

本当に勝てるのでしょうか?

投資初心者向けとしてはちょっと難しいかもしれませんが

参考にして下さいね!

 

相場の上下動は読めないと言う前提で、ある程度上がっても下がっても利益が出て

最大利益と最大損失もやる前から分かっているので

比較的やり易いスプレッドだと思います。

 

アイアンコンドルはよくやっていますよ!

アイアンコンドルって聞いたことあるけど何の事?

 

 

アイアンコンドル損益図

ちょっと細長いですが概ねこんな感じの損益図になります。

利益が少なく損失が大きくなりますね。

だだ、勝率は良いと言われていて実際にやっている人も多いようですが

本当にそうなのか、検証してみました。

 

比較的安全そうに見えるけど…

これがオプションの損益図ってヤツですね。

 

アイアンコンドル検証スタート

【検証条件】

2014年1月から2021年11月まで。

ある一定の幅でコールとプットを売る。

更に外のコールとプットを買う。

売玉がエントリー時のプレミアムの倍になったら損切りする。

1セット1枚づつ。

 

2014年:9勝3敗 75% 120,000円

2015年:10勝2敗 83.3% 260,000円

2016年:8勝4敗 66.6% 150,000円

2017年:10勝2敗 83.3% 192,000円

2018年:7勝5敗 58.3% -216,000円

2019年:7勝5敗 58.3% 7,000円

2020年:6勝5敗 54.5% 56,000円(3月の価格が無かった、コロナ時)

2021年:6勝5敗 54.5% -79,000円(11月まで)

 

8年間でだいたい60%ちょっとの勝率でその間の利益は490,000円ほど。

そしてコロナショック時は検証出来ていない事を考えると

勝率はもう少し下がって利益も少ないようです。

 

損切設定を入れて検証していますが

損切りしなければSQで利益になった回数は12回ありました。

一方、損切り後に大きくマイナスになっていた回数は13回。

 

思っていたほど良くないですね…

勝率60%ならそれほど悪くないかも…

 

検証結果から分かる事

今回の検証は私が勝手に決めた条件でやったものなので

全てが正しい訳ではありません。

条件を変えて検証したらもっと良い結果が出るかも知れませんし

もっと悪くなるかも知れません…

 

2018年から成績が良くないのは相場の動きが大きくなった為だと思います。

2014年から2017年は動きが小さかったようでかなり良い成績でした。

 

アイアンコンドルは相場の上下を予想しない方法です。

SQまでに相場の範囲を予想する方法で勝率は高いと言われていますが

今回の検証結果では少なくとも良い成績だとは言えないかもしれません。

アイアンコンドルで成績を良くしようとすると

デルタヘッジするしかないのかも…です。

でも、デルタヘッジは保険なのでヘッジするたびに少し損失が出ます。

利小損大のアイアンコンドルで利益が残るかどうか?

 

相場の上下を予想しないので勝ち易いと言われているアイアンコンドルですが

私が検証した結果では「それほどでもない」という結果でした。

まあ、簡単に勝てる方法など無いという事ですね!

 

GOOD LUCK

北風

 


金融・投資ランキング

タイトルとURLをコピーしました