保険としてのプットと宝くじより美味しいプット

日経オプション

北風です。

 

日本株や日経225オプションなど、日本の動きに投資している場合

急な下落に備える手段としてプットオプションの買いがあります。

これは投資初心者の人にも簡単に出来る方法です。

 

オプションの事はさっぱり分からない…

前に本で読んだことはあったけど

ますます分からなくなったわ…

 

プットオプションは簡単!

日経225オプションの中の安いプットを買うということですが

これは下落時の保険として購入しておくので使われなければ損になります。

掛け捨て保険と考えられますね。

このプットを買う事は投資初心者にも簡単に出来ますよ!

 

では、毎月5,000円分のプットを買って保険としていたとして

2020年2月のコロナショック相場で検証してみましょう!

 

コロナショック時のプットの価格

2020年2月14日(金)がSQなので3月限のプットを5,000円で買ったとします。

その時買えたのは3P18500(3月限put 18500)で1枚5円です。

2/17 -1000円

2/18 0円

2/19 -3000円

2/20 -3000円

2/21 -2000円

2/25 5000円

2/26 18000円

2/27 41000円

2/28 210000円

3/2 155000円

3/3 115000円

3/4 48000円

3/5 11000円

3/6 46000円

3/9 260000円

3/10 105000円

3/11 140000円

3/12 320000円

そしてSQ日では…

3/13SQ 1443000円

コロナショックで下落した日経平均でしたが

5,000円で買ったプットは翌月のSQで1,443,000円になっていました。

288.6倍です!

テンバガーどころではないくらいの利益になっていました。

私は確か2/28で決済していたので大きな利益は逃しましたが

オプションでの損失は全てカバー出来ていました。

 

相場の暴落は残念ながら8年~10年に1度は来ています…

毎月5,000円で1年間で60,000円、10年で600,000円掛かったとしても

1度の暴落で全て回収出来そうです。

 

プットオプションてすごいな

月に5千円くらいなら出来そう!

 

ヘッジと宝くじの両方使える

アメリカの投資信託や個別株をやっている人は

各商品にオプションが設定されています。

そちらでプットを買っても良いですし

アメリカが下がれば日本も下がるので日経225オプションでも構いません。

要は保険を掛けている事が重要です。

 

投資初心者の皆さんも生命保険に入ったり、自動車保険に入ったりしていると思います。

投資をやっている人はプットオプションの買いが保険になります。

 

プットオプションの買いは手持ちの物の保険として役に立ち

8年から10年に1回は大当たりを引ける宝くじにもなります。

 

ヘッジってよく聞くけどこういう事なのか!

保険と宝くじの意味が分かった!

 

日経VI、米国VIXとオプションの価格

皆さん聞いたことがあると思いますが、アメリカでは恐怖指数と言われているVIX。

そのVIXの日本版が日経VIです。

これらの数値が上昇するとオプションの価格も上昇します。

先程コロナショック時のプットオプションの価格推移を載せていましたが

その時の日経VIは60まで上昇していました。

通常は20程度を行ったり来たりなので凄い上昇でした。

そして日経VIや米国VIXが上昇する時はおおむね株価が下落した時です。

 

株価が下落→VI VIXが上昇→オプション価格が上昇 となります。

ゆっくり下落した場合はあまりVIもVIXも急には上昇しませんが

皆さんご存じのとおり下落は早いです!

あっという間に手持ちの株が含み損になり考える暇もなく損が拡大します。

でも、意味はあまり分からなかったけど、プットを買っていたらどうだったでしょう?

たぶん株の含み損を越える含み益になっていたかもしれません…

もしその時に利確出来なかったとしても大きな含み損でストレスを抱える事は無かったはずです。

 

日経225オプションと聞くとマニアックでとっつきにくい印象ですが

このような取引きも出来る便利な商品ですよ!

 

GOOD LUCK

北風

 


金融・投資ランキング

 

タイトルとURLをコピーしました