今回の株価下落で米国ETFはどうなっている?

米国ETF

前回「米国ETF」カテゴリー記事では人気ETFの3ヶ月の動きを書きました。

まだ見ていない方は確認して下さい。

1ヶ月程度経ってた今の現状との比較も出来ます。

人気ETF直近3ヶ月の動きは
直近3ヶ月から1年程度ではSPYDが1番成績が良かったのですが 10年後、20年後はどうなっているのかは誰にも分かりません... 過去のデータをいくら検証しても無駄だと言う人もいますが 過去のデータから未来を予想する方法しか無いのでしょうがないと思っています。

 

 

北風です。

 

 

最近はアメリカを含めて各国で株価が下落していますが

このまま下落し続けるのか、反発上昇するのかは分かりません…

積み立て投資でETFを買っている方も多いと思います…ちょっと心配ですよね?

ネットなどには早くも「ETFの決済時はいつか」などの記事も出ています…

長期投資を目的に定期購入しているETFは本当に売り時なのでしょうか?

 

せっかくETFを買っているのに下落している…

やっぱり損切りしたほうが良いのかしら?

先ずは直近のS&P500の動きを見てみます

S&P500チャート

右下の週足で見るとまだ大して下落しているとは思えませんね。

つみたてNISAの満期は20年なので長い目線で見る事が必要です。

パッと見、週足では大して下落しているようには見えませんが、短い時間足だと大きな下落に見えます。

それでは各ETFのパフォーマンスを比べて行きますが、あまりにも種類が多いので

SBI証券でのETF保有ランキングから上位5つを選びます。

 

SBI証券ETF保有ランキングベスト5

SBI証券ETF保有ランキング

前回と同じ順位ですね…そろそろ更新して欲しいものです。

1位:SPYD

2位:VOO

3位:VYM

4位:VTI

5位:QQQ

 

過去6ヵ月 米国ETF成績

ETFチャート

一目瞭然の成績です。

SPYD強いですね!

VYMもボラティリティが小さく、リターンも少ないですが横ばいで安定しています。

高配当ETFはこのような値動きの物が安定していて良いと思います。

反対にVOO,VTI,QQQはちょっと厳しい状況です…

S&P500が上昇を続けていれば良い成績ですが下落すると同じようにETFも下落しますので

それさえ気にならなければ問題はありません。

ちょっと厳しいな~

 

乗り換えた方が良いのかな~

まとめ

現在はコロナ関係やロシア侵攻、各国の金利政策、原油価格など不安定要素が盛りだくさんなので

安定を求めるのであれば今回もSPYDとVYMですね。

アメリカの景気が利上げしようとも上昇すると考えるのなら今のままで構いません。

ここまでは直近の成績で20年後にどうなっているのかではありませんのでご注意下さい。

 

私は米国ETFの積立投資以外に日経225オプションもやっていますが

今後、米国ETFオプションか米国指数オプションもやろうと勉強しています。

私がやろうとしている戦略では動かない方が有利なので

ETFオプションの場合はVYMを選ぶかもしれません

この辺りは、カテゴリーの「日経オプション」で今後書いて行きます。

 

Good Luck

北風


金融・投資ランキング

タイトルとURLをコピーしました